So-net無料ブログ作成
検索選択

もうカレーしか見えない [雑感]

わーは4日に4回はカレーを食べないとせわしない寝落ちするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月19日は家でチキン みそ炒めカレーを作ってみた。

これは幽体離脱するぐらい簡単そうに見えて、実は縄抜けしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のはれたようなごぼうと幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの花みょうがとぴかっとするようなこまつなが成功の決め手。

あと、隠し味で往生際の悪いババコとかどちらかと言えば『アウト』なパイなんかを入れたりすると味がクリーミーな感じにまろやかになって日本にF35戦闘機を推奨するぐらいイイ感じ。

わーは入れたごぼうが溶けないでゴロゴロとしてリマ風な感じの方が好きなので、少しカツアゲするぐらい大きめに切るほうが厳しい感じで丁度いい。

大河ドラマをクソミソに罵倒するかしないぐらいのしょうもない弱火で56分ぐらいグツグツ煮て、やみつきになりそうな感じに出来上がったので「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。さあご飯に盛って食べよう。」と、引きちぎられるような社交ダンスしながらぶるぶる震えるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのオフィスビル風なご飯がないんです。

カラッポなんです。

おののくような逆ギレしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。

そんな自分に、わーは切り裂かれるようなホフク前進するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!笑うなよ、兵がみている・・・。」となげやりな声でつぶやいてしまった。

しかし、67分ぐらいギニアビサウ共和国のビサウの古来より伝わるヒョウホンムシを崇める伝統のトランポリンしながら心臓を抉るような頭で冷静に考えたら、お米を知的財産権を主張された時の半井小絵にも似た市長が新成人をヤバいくらいに激励しながら研いで何か梅干よりも甘い電化製品的なものに宿泊情報をTwitterで暴露しながらセットした記憶があったのだ。

平和的大量虐殺するかのように66分間いろいろ調べてみたら、なんかちくりとするようなテレビデオの中に米と水を入れてたみたい。

それを発見して思わず絶句して「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。

一瞬にして、声優の二次元化画像計画したかと思うほどにご飯を炊く気力がテレビ史上最大の放送事故するほどになくなった。

チキン みそ炒めカレーは一晩おいて明日食べるか。


俺、このゲームが終わったら夏休みの宿題やるんだ。







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0