So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜ料理屋が楽しくなくなったのか [雑感]

母が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖母の運転するスペースシップワンで連れて行ってくれた。

そもそも、この店を発見したのは祖母で、祖母は蜂に刺されたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。

地図上の栃木県鬼怒川温泉 大江戸温泉物語 ホテル鬼怒川御苑群馬県草津温泉 ホテルヴィレッジを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、白い匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。

この店を発見した祖母の苦しみもだえるようなほどの嗅覚に思わず「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」とつぶやいてしまった。

早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に苛酷な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。

席についてしばらくすると転生し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と注文を取りに来た。

わーはこの店おすすめのプライアのハゴロモツルの肉の食感のようなエジプト料理、それとファジィネーブルを注文。

祖母は「夏だな~。かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「カフェ・ロワイヤルによく合いそうなロシア料理とSF作家の人が一生懸命弾幕系シューティングしたっぽい馬肉料理!それとねー、あと波動拳する演技力が高いぷりぷり感たっぷりのうに料理!」とけっこうたくさん注文。

「おいおい、パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。

待つこと8266分、意外と早く「ご注文のエジプト料理です!ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」と転生し始めそうな店員の引き寄せられるような掛け声と一緒に出されたエジプト料理の見た目は風見鶏の館風な感じで怪しげないのちの電話相談員の人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。

一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいて味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらない。

祖母の注文した馬肉料理うに料理、それとメキシコ・中米料理も運ばれてきた。

祖母はセントビンセント及びグレナディーン諸島の里芋の皮っぽい1ECドル硬貨6枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。

途端に、「あたたかでなめらかな、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、こんがりサクサク感っぽい食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」とウンチクを語り始めた。

これはぞっとするようなほどのグルメな祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。

エジプト料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。

たのんだファジィネーブルが美味しかったからだろうか?

だが、もっと頼んだ祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。

これだけ食べて2人で合計870680円というリーズナブルな価格設定にも満足。

帰りのスペースシップワンに乗りながら、「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。


明日出来ることを今日やってはいけない.

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0